仕事紹介 新たな市場を開拓する仕事まだ見ぬ市場の可能性を探り、新しい本やモノを作る

松岡 春菜MD事業部 商品企画チーム
2016年度入社

松岡 春菜 新たな市場を開拓する仕事

新たな市場を切り開く!
「企画」の可能性は無限大

私が所属するMD事業部の商品企画チームは、JTBパブリッシングの中では少し特殊なジャンルの本を作っています。
まずは、絵本や知育教材といった子ども向けの商品。そして、手軽な自然さんぽから本格的な山岳案内まで幅広いテイストの揃ったアウトドア書籍群。交通関係の図書も、専門的なものからライトな鉄道ファン向けのムックまで幅広く扱い、さらには、社寺や仏像、御朱印を深堀りする本、アニメの聖地巡礼本まで……!
このような多種多様な商品は、「JTBパブリッシングの強みを生かした商品で、まだ見ぬ市場の可能性を広げたい」といった思いが形となり、生まれたものです。MD事業部の「MD」とは“Market Development(市場開拓)”の頭文字。旅行ガイドというジャンル、時には本という形すら飛び越えて、新たな「企画」を実現していくことがミッションなのです!

MD事業部の商品
自慢のラインナップがズラリ! これ全部、MD事業部の商品です

メンバー全員が企画立案者!
自分のアイデアがヒット商品に

ガイドブックの編集部と違い、商品企画チームでは「来年度はこの本とこの本を発行して……」といった計画がほとんど決まっていません。そのため、常に新しい企画を考える必要があります。
企画の種を見つけるのは大変ですが、「売れる!」という見込みがあれば、どんなジャンルの本でも制作することが可能です。
もちろん、「こういう本を作りたい」と言ってすぐに企画が承認されるわけではありません。売れる根拠となるデータを地道に集め、内容・仕様・売り方などを営業・販促担当とも協力して考え、提案していきます。
頑張って企画を通し、工夫を凝らして制作した商品たち。それぞれが一人で地道に作業することも多いですが、売れた時にはチームのメンバー全員で喜びを分かち合います!

仕事風景
企画実現のための大切な作業が、競合図書のリサーチです

担当している仕事 絵本から山登り、仏像まで
ジャンルも形も多種多様

児童書やアウトドアガイドの編集をメインに担当しています。しかし厳密に決められているわけではないので、それ以外のジャンルを担当することもあります。著者がいる本を担当することも多く、さまざまな才能を持った方々と密に組んで仕事ができることも、楽しみのひとつです。
また、担当図書の中には本の形をとらない商品も。例えば、都道府県の形が可愛らしいイラストで覚えられる「1日10分でちずをおぼえる大きなパズル」や、地図や歴史年表などが大人気の学習ポスター「キッズレッスン」シリーズなどがあります。
もちろん担当図書の制作と並行して、新企画の提案も行います。良い企画は一朝一夕では思いつかない……ということを日々実感しているので、以前よりも「何が売れているのかな」「面白い商品はないかな」といったアンテナを張り巡らすようになりました。

アウトドアガイドの取材
アウトドアガイドの取材では、自分がモデルになることも

るるぶ×すごろく!?
知育玩具の制作にもチャレンジ

「るるぶ わくわく旅すごろく」「るるぶ 都道府県いちばんかるた」「るるぶ 国旗と世界の国かるた」は、先輩社員と一丸となって制作したチャレンジ商品。遊びながら日本と世界の地理や名物の知識がつくような工夫が詰まっています。
私が担当したすごろくは、「旅」をテーマにした14種類のすごろくが楽しめる自信作。どんな内容にすれば、子どもたちが世界への興味を広げられるだろうか? と、作家の方々と試行錯誤しながら制作しました。
「のりもの」「お買い物」「お仕事」など、子どもが好きなものをフックにし、「楽しく遊びながら、知らない間に知識が身につく」ような内容に仕上げられたと思います。
旅行ガイドを長年制作してきた当社ならではの知育玩具。おかげさまで、とっても好評です!

かるた商品
先輩が担当した、かるた商品。読み上げ文が秀逸なんです

PRODUCT紹介

  • 日本酒はじめ

    日本酒の種類を漫画でわかりやすく解説した「日本酒はじめ」。ちなみに後ろのカレンダーもMD事業部の商品

  • 発行図書

    専門性の高い図書を数多く発行してきた、鉄道やアウトドアのジャンル。大切な財産を次の企画に生かしていきます

  • 販促グッズ

    販促でもさまざまな方法にチャレンジ。店頭用のポップだけでなく、保育園へのサンプリングやSNSを活用することも

1日の様子

10:00

出社、メールチェック

11:00

主任と新企画の打ち合わせ

12:30

同期とランチへ!

13:30

新企画を実現すべく、会議資料の作成

16:00

進行中の図書の内容について、作家さんと電話で相談

17:00

校正

19:00

退社。企画のアイデア探しもかねて、書店に寄ってから帰宅♪

目標退社時間
出社したらまずはボードに目標退社時間を記入。タイムマネジメントはしっかりと
企画
企画の方向性が見えてきた!
ランチ
久しぶりの同期ランチ! 仕事以外の話もたくさんします
校正
間違いを見落とさないように集中して校正……
所属部署名は、2018年3月1日現在のものです。