JTBパブリッシング

SERVICE LINEUP
2018年11月8日
るるぶキッチンるるぶキッチンを活用した、食・ブランドプロモーション

赤坂・京都両店で福井県の新ブランド米「いちほまれ」の認知・消費拡大に貢献

福井県庁が、福井県の新ブランド米「いちほまれ」の全国流通へ向け、首都圏・関西圏でのプロモーションを展開。『るるぶキッチンAKASAKA・KYOTO』両店での同時開催をご提案し、各店のシェフが「いちほまれ」の特徴を最大限引き出すメニューをそれぞれ開発しました。「いちほまれ」の本当のおいしさを知っていただくことでブランド浸透と販路拡大に貢献するとともに、お客様には両メニューをお召し上がりいただき、人気投票をしていただくことでお米との接点を増やし、今後の継続的なお米の消費拡大に貢献しました。
『いちほまれ』

Client's Request

全国へ市場流通する新ブランド米「いちほまれ」のブランド認知拡大。単に食材のひとつとしていちほまれを使った料理を提供するのではなく、「いちほまれ」本来の旨味を引き出したメニューを作りたい。また2年連続してのるるぶキッチンを活用したプロモーション実施ということで、ぜひお客様に楽しんでもらえる内容にしたい。

Our Solution

お客様が意識的にお米と触れ合うことこそが、継続的な消費拡大につながるソリューションと捉え、赤坂・京都のシェフのメニュー対決を企画。「いちほまれ」の、粒の甘さと弾力を最大限引き出したメニューを両シェフが考案し、お客様による人気投票を行いました。投票に当たり、お客様には「いちほまれ」メニューを真剣に味わって頂くことで、回転率が高く店内に滞在する時間が短いにも関わらず、お米と接する時間を長く確保することに成功。「いちほまれ」のおいしさをインプットして頂き、「いちほまれ」ひいてはお米の消費につながるプロモーションに貢献しました。対決企画による、両店にてSNSを活用して広く情報発信を行い、ブランド認知拡大にも寄与しました。