JTBパブリッシング

社員紹介
磯村 裕美
02
時刻・交通の情報に関わる仕事
歴史ある月刊誌に携わる緊張感、
そして面白さ!
磯村 裕美
2011年入社時刻情報・MD事業部

未来も愛される雑誌であり続けるために…試行錯誤の日々

2020年4月号で創刊95年を迎える『JTB時刻表』。JRや全国各地の運輸会社と連携し、最新の時刻情報をお客様にお届けする月刊誌です。近年、SNSなどWebサービスの台頭で、交通情報は大きな変革を迎えています。この状況下で、より多くの方に必要としてもらうために何ができるか。あるべき姿を一から見直し、デザインや地図のリニューアル、掲載情報の拡充など、伝統を尊重しつつも積極的に誌面の変革に挑戦しています。

紙だけでなく、データでもあなたをサポート!

紙だけでなく、
データでもあなたをサポート!

『JTB時刻表』本体の編集のみならず、編集の過程で取り扱う膨大な時刻・交通情報から生まれる新たな商品やサービスも手掛けています。例えば、皆さんも日常的に利用されているであろう「経路検索サービス」。当社が作成した時刻データを使用している経路検索サービスの会社がいくつもあり、このデータを作成するのが私の業務です。

全国およそ900社の公共交通情報が1冊に!
ロングセラー『JTB時刻表』

なんといっても主軸商品は1925年の創刊号から通巻1,100号を超えるロングセラー月刊誌『JTB時刻表』。また、首都圏の鉄道会社を中心に制作を受託しているオリジナル時刻表も人気です。『復刻版時刻表』は、東海道新幹線が開通した1964年10月号の時刻表を復刻。元時刻表編集長の解説による注目ポイントもわかりやすく、当時の空気感そのままに楽しめるととても人気の高い商品です。

全国およそ900社の公共交通情報が1冊に! ロングセラー『JTB時刻表』
皆さまの快適な毎日を支えるため…! 列車データを作る一日

皆さまの快適な毎日を支えるため…!
列車データを作る一日

  • 9:45
    出社、メールチェック。電話当番の日なので、私には早い…です
  • 11:00
    鉄道会社に資料内容を確認。少しでも疑問に思ったら問い合わせ!
  • 12:00
    ランチ。カレーやカレー、たまにカレー部でカレーなども食します
  • 13:00
    列車データ作成。PCが震え出す。データベース言語、難しいです
  • 15:00
    フロア全体でラジオ体操。重量級の部員がたわわに跳ね、床が哭く
  • 16:00
    完成データの上司チェックを祈る気持ちで待つ。問題なければ納品
  • 17:30
    列車増発の理由を調査。知識の泉である編集部員に聞けばたいがい解決
  • 18:00
    退社。当社の所在地、プロ野球ホーム2球場がね…近いんですよね…
磯村 裕美

Question 01|入社を決めたポイントは?

世界各地のおいしいものを探して旅をするのが好きで、そのおいしさをもっと多くの方に知ってもらいたい、発信したいと考えていたのですが、当社でならそれら全てに携わることができると気づき、入社を決めました。現在、駅弁の情報収集も担当していますが、入社までにほぼ全て食していたので、調製元(駅弁製造会社)と直にやりとりできて感無量…

Question 02|この仕事の楽しさはずばり?

自分も毎日利用している公共交通。街で、旅先で、『JTB時刻表』をめくっている方やスマートフォンで経路検索をしている方を見かけると、これらに携わり、皆さまの日々を支える一端を担っているのだなと嬉しく思います。同時に間違いは許されないという緊張感も常に一緒に抱いており、責任ややりがいを感じることができます。

Question 03|入社時と現在の心境の変化、今後のキャリアプランなど教えてください

新入社員の頃から、法人向けのサービスに興味を持っていましたが、Webサイトやシニア向けの会員誌『ノジュール』などさまざまな媒体で情報を発信し、読者が何を求めているのかを探究してきたことは大きな経験でした。今担当している業務も情報を販売する仕事。どう価値を与え、商品に生き抜く力をつけさせるか、研究の日々です。

所属部署名は、2020年2月1日現在のものです。