JTBパブリッシング

TOPICS
2020年02月07日

『るるぶキッチンASAKUSAエキミセ』「フードツーリズム」特集フェア実施 浅草でフードツーリズムマイスターおすすめ3エリアの“おいしい”を体感!2月10日(月)フードの日よりスタート!

JTB グループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役 社長執行役員:今井敏行、以下JTBパブリッシング)は、直営飲食店舗editor's fav『るるぶキッチンASAKUSAエキミセ』にて、2020年2月10日(月)から3月9日(月)まで、フードツーリズム※1をテーマとした特集フェアを実施いたします。 

フードツーリズムマイスター※2が選んだ、初めてのフードツーリズムにおすすめの3地域(北海道美瑛町・青森県十和田市・山口県長門市)のバラエティ豊かな食材を使ったオリジナルメニューを提供するほか、店内にてフードツーリズムに関するポスターやパンフレットの設置、及びPR動画の放映を行い、フードツーリズムの魅力を存分に発信します。
※1フードツーリズムとは
「地域ならではの食・食文化をその地域(土地)で楽しむことを目的とした旅」のことであり、欧米では広く普及しています。あくまでも、「地域ならではの食・食文化を楽しむ」ということが旅の主目的であり、地域ならではの場所や人が関わる様々な体験によって、目的である食・食文化の価値が高まる旅のことを言います。外国人旅行客の増加に伴い、フードツーリズムへの注目度も高まっています。

※2フードツーリズムマイスターとは
その地域ならではの食・食文化の魅力を伝えるために、食を育む地域資源とともに、一体的にストーリー性のある体験をコーディネートし、プロデュースできる人材のことです。「地域の食と食文化」をテーマに、その土地ならではの食・食文化の価値を伝えることのできる旅の達人でもあります。旅のプランニングから企画を商品化して運営し旅行者を集客するまでの総合的なノウハウを持つマイスターが全国で活躍しています。
スタミナ満点!鶏・豚・牛のご当地肉丼
美瑛のびえい和牛、十和田のガーリックポーク、長門の長州どりを贅沢に乗せたスタミナ・ボリューム満点の一品
彩鮮やか!とろ~りベジタブルボウル
十和田の寒締め小松菜と長いも、長門のトマトとキャベツなど地場の野菜をふんだんにトッピングしたヘルシー丼
3つの地域が大集合!冷製オードブル
十和田のガーリックポーク、長門のヤリイカのトマト煮、美瑛の金時豆ディップのバーニャカウダ。3地域の魅力が詰まったオードブル

<一般社団法人日本フードツーリズム協会>

株式会社JTB(東京都品川区:代表取締役 社長執行役員:髙橋広行)と野菜ソムリエ協会(東京都中央区:理事長 福井栄治)にて設立。フードツーリズムマイスター含む地域の食・食文化をテーマに地域活性を推進する地域リーダー育成と、地域ならではの食・食文化を楽しむフードツーリズムの普及啓発を目的とした団体。

<店舗概要>

【店名】editor's fav「るるぶキッチンASAKUSAエキミセ」
【住所】東京都台東区花川戸1-4-1 EKIMISE7階
【アクセス】東武スカイツリーライン浅草駅直結、地下鉄銀座線浅草駅7番出口より徒歩1分、都営浅草線浅草駅A5番出口より徒歩3分
【営業時間】11時~22時(※レストラン街に準じる)
【定休日】年中無休(※2月18日は店舗休業日)

<お問い合わせ先>

JTBパブリッシング 営業企画本部 営業企画部
TEL:03-6888-7806
E-mail:pr-team@rurubu.ne.jp