JTBパブリッシング

TOPICS
2020年03月25日

邪馬台国から平安時代までをカンタン解説!歴史を知れば旅がもっと楽しくなる!『るるぶ気軽に楽しむ!古代史の旅』2020年3月26日(木)発売

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役 社長執行役員:今井敏行)は、日本の古代史をテーマにした旅を提案する旅行情報誌『るるぶ気軽に楽しむ!古代史の旅』を2020年3月26日(木)に発売します。
本書は、邪馬台国から平安時代までの古代の歴史に沿って、卑弥呼や聖徳太子、壬申の乱など、教科書で聞いた事があるような主要な人物やテーマを解説しながら、今も残るゆかりの地を紹介するガイドブックです。加えて「るるぶ」が得意とする、グルメやショッピング情報も充実しており、歴史ファンのみならず、旅で知的好奇心を満たしたい全ての人に贈る充実の一冊です。

歴史の知識がなくても楽しめるように、マンガで歴史をやさしく解説したり、図版を多く用いているのが本書の特徴です。さらに藤原京、平城京、平安京は、スマートフォン上の再現ジオラマに現在地を表示でき、疑似さんぽを味わえる仕掛けや、本誌掲載物件を網羅したグーグルマイマップが付くなど、盛りだくさんの内容です。

2019年には仁徳天皇陵古墳を含む「百舌鳥・古市古墳群」が世界遺産
に登録され、2020年は日本書紀の成立から1300年の節目にあたる年でもあり、古代史への関心の高まりが期待されます。教養として歴史を振り返りたい大人や、学生の副読本としてもオススメです。

本誌掲載のテーマ一例

◆卑弥呼のいた邪馬台国はここ? 山の辺の道
◆世界遺産に認定された大阪の巨大古墳群 堺/藤井寺/羽曳野
◆古代史のスーパーヒーロー聖徳太子ゆかりの地 斑鳩
◆シルクロードの終着駅 大仏造立の地 奈良中心部
◆古代史コラム 継体天皇/壬申の乱/万葉集/阿修羅像/伴大納言絵巻  etc…

書誌概要

【書名】JTBのMOOK『るるぶ気軽に楽しむ!古代史の旅』
【定価】1000円(税別) 
【発売日】2020年3月26日(木)
【仕様】AB判、本誌112ページ
【発行】JTBパブリッシング 
【販売】全国の書店、一部のコンビニエンスストア

本件に関するお問い合わせ先

JTBパブリッシング 直販課
TEL:03-6888-7893