JTBパブリッシング

TOPICS
2020年06月03日

<内容変更のお知らせ>新スポット『cu―mo箱根』2020年7月9日(木)オープン!JTBパブリッシングと箱根ロープウェイが早雲山エリア活性化で連携!

内容変更のお知らせ

新型コロナウィルスの感染拡大に伴う工事中断等の影響により、以下の通り内容を変更させていただきます。何卒、ご理解賜りますようお願い申しあげます。
早雲山駅舎・「cu―mo箱根」オープン日: 6月24日(水)→ 7月9日(木)
JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役 社長執行役員:今井 敏行 以下JTBパブリッシング)と小田急グループの箱根ロープウェイ株式会社(神奈川県小田原市、取締役社長:山田 恭章 以下箱根ロープウェイ)は、7月9日(木)(予定)にオープンする、早雲山駅舎をリニューアルした新スポット「cu―mo箱根」において、JTBパブリッシングによるフードメニューやオリジナルグッズの開発などを行い、企画、空間デザインと運営監修を手掛ける小田急グループのUDSとともに、早雲山エリアの活性化に連携して取り組みます。

旅行情報誌『るるぶ』編集者が早雲山エリアの魅力をプロデュース

JTBパブリッシングは旅行情報誌『るるぶ』を始めとした各種メディアを通じて、長きにわたり箱根の魅力を発信してきました。
2018年3月から箱根ロープウェイと連携し、現地視察やマーケティング調査などを重ねて早雲山エリアの活性化についての提言を行うなど、『るるぶ』の取材に留まらない箱根エリアの魅力向上のための取組みを続けています。

「cu―mo箱根」を通じて箱根ゴールデンコースを活性化

早雲山エリアは、箱根湯本から登山電車、ケーブルカー、ロープウェイを使って周遊する「箱根ゴールデンコース」の中継点として親しまれてきました。箱根の外輪山はもちろんのこと、強羅の街を見下ろし、晴れた日には遠くに相模湾や三浦半島まで望めるなど、ロープウェイからの富士山の壮大な眺めとあわせて、箱根屈指の眺望を誇ります。これまでケーブルカーとロープウェイの乗換駅だった早雲山駅舎が7月9日(木)にリニューアルオープンし、ショップや展望デッキで足湯が楽しめる新スポット「cu―mo箱根」が誕生します。

「cu―mo箱根」では、UDSの企画、空間デザイン、運営監修のもと、JTBパブリッシングの直営飲食店editor’s fav 『るるぶキッチン』がプロデュースしたスイーツやオリジナルグッズが販売されます。その他、年間を通じて『るるぶ情報版』を始めとしたメディアを通じて早雲山エリアの魅力を発信し、
箱根・早雲山エリアのブランド力向上に資するための取り組みを行ってまいります。

『るるぶキッチン』での「cu―mo箱根」プレイベントを予定

「cu―mo箱根」のオープンに向け、JTBパブリッシングの直営飲食店舗『るるぶキッチン』において「cu―mo箱根」のPRフェアを実施予定です。また、小田急箱根グループの箱根登山鉄道、箱根登山ケーブルカー、箱根ロープウェイ、箱根海賊船、箱根登山バスを乗り継いでめぐる観光ルート「箱根ゴールデンコース」が誕生から本年9月7日で開通60周年を迎えます。JTBパブリッシングと箱根ロープウェイは今後も箱根観光および早雲山エリアの活性化にむけて、連携してまいります。

「cu―mo箱根」概要

【スポット名】「cu―mo箱根」
【アクセス】早雲山駅舎2F
【営業時間】9:00 – 17:30 
【定休日】なし

本件に関するお問い合わせ先

JTBパブリッシング 営業企画部 03-6888-7806