JTBパブリッシング

TOPICS
2021年03月02日

アナタもきっと誰かに話したくなる!名前に関するおもしろい雑学が満載のクイズブック『身近なアノ名前クイズ100』『おもしろ地名クイズ100』『激レア名字クイズ100』3月2日(火) 3点同時発売!

JTBグループで旅行・ライフスタイル情報を提供する株式会社JTBパブリッシング(東京都新宿区、代表取締役 社長執行役員:今井敏行)は、一度知ったらきっと誰かに話したくなる、名前に関するおもしろい雑学がいっぱい詰まった、小学生向けのクイズブックを2021年3月2日(火)に3点同時発売いたします。

各書の主な内容

『きっと誰かに話したくなる! 身近なアノ名前クイズ100』

普段何気なく目にしたり、使ったりしているモノでも、いざ伝えようとすると実は知らなかった「名前」が世の中にはたくさんあります。例えば、「書店にいると急にトイレに行きたくなる」現象や、「リュックについているコンセントのような穴」などなど。そんな意外と知らないアノ名前を楽しく学べるクイズブックが誕生。クイズの回答では、なぜそのような名前になったのか、その由来なども詳しく解説しています。

↓誌面イメージ。クイズの回答は、めくった次のページにあるので、じっくり答えを考えることができます(以下2点も同じ構成)。

『きっと誰かに話したくなる! おもしろ地名クイズ100』

地図をじっくり見ていると、「えぇっ?」とつい二度見したくなるような、おもしろい地名を見つけることがあります。そんな世界と日本のおもしろい地名を計100集めて、楽しいクイズブックにしました。世界の地名の回答では、その土地の特徴や魅力などを解説。日本の地名の回答では、なぜそのような名前になったのか、その由来や歴史などについても分かりやすく説明しています。

『きっと誰かに話したくなる! 激レア名字クイズ100』 監修:髙信幸男

新たに人と出会ったり、本や漫画を読んでいると、珍しかったり、なんて読むのか分からない名字の人に遭遇することがありませんか。「無敵さん」や「竈門さん」など、漢字を見て思わず「ん?」となってしまう、珍しい名字を楽しいクイズブックにしました。本書は、TVでも大人気の名字研究家・髙信幸男先生が監修。回答では、先生が長年研究して分かった名字の由来も詳しく解説しています。
いずれもクイズの回答を読めば、思わず「へ~!」と声が出てしまう、さまざまな名前のクイズがたっぷり各100問!
そして、それらの回答を知れば、アナタも「きっと誰かに話したくなる!」はず!

書誌概要

【書名】『きっと誰かに話したくなる! 身近なアノ名前クイズ100』
『きっと誰かに話したくなる! おもしろ地名クイズ100』
『きっと誰かに話したくなる! 激レア名字クイズ100』
【価格】各1100円(税別)
【判型・ページ】B6判 224ページ
【発売日】2021年3月2日(火)
【発行】JTBパブリッシング 
【販売】全国の各書店、各ネット書店

お問合せ先

JTBパブリッシング 直販課 03-6888-7893