ありがとうるるぶ 50周年 ともに世界を広げよう
ありがとうるるぶ 50周年 ともに世界を広げよう
るるぶは、おかげさまで誕生50周年を迎えました。
日頃より「るるぶ」をご愛顧いただいている
皆さまへの感謝の気持ちを込めて、
各種キャンペーンや記念企画を実施いたします!

JTBパブリッシング

ありがとうるるぶ 50周年 ともに世界を広げよう
ありがとうるるぶ 50周年 ともに世界を広げよう
TOPICS
2023年02月17日

『ニッポン感動田舎旅』 2月20日(月)発売 ~旅行券が当たるプレゼントキャンペーン、タレント・井上咲楽さんによるトークイベントも開催!

『ニッポン感動田舎旅』について

密を避け、自然豊かな場所で暮らすように過ごしながら、その土地の食や文化をじっくりと味わえる旅先として、全国の農村・山村・漁村などの「田舎」が注目を浴びています。
草木を渡る風が吹き抜ける古民家や農家民宿に泊まり、豊かな里山里海に育まれたその土地ならではの食にふれ、地元の人とともにそこにある暮らしを体験する―思わず深呼吸したくなるような広々とした景色や四季の移ろい、どこかほっとする地元の人との交流、ゆっくりと流れる、いつもと違った時間は、心も体も癒してくれるはずです。
本誌では、「感動」的な田舎旅体験ができる場所として、農林水産省が推進する「農泊」地域のなかから約100か所厳選してご紹介しています。1冊まるごと「農泊」をテーマにした、初めてのガイドブックです。

掲載内容

巻頭特集①とちぎ未来大使・井上咲楽さんが旅する【栃木県下野市吉田村】

栃木県下野市吉田村に生まれた「吉田村VILLAGE」。観光とは無縁だったという「田舎」が、今では多くの人を惹きつける場所となっています。栃木県の山間で育ち、「とちぎ未来大使」として地域活性化にも取り組んでいるタレント・井上咲楽さんが、その魅力に迫ります。

巻頭特集➁山村の滋味と茅葺屋根の宿を楽しむ【京都南丹市美山町】

茅葺きの屋根が並ぶ京都府南丹市美山町。ユネスコ無形文化遺産に認定された茅葺きの技術が受け継がれ、今ものどかな里山の景観が残っています。一部は重要伝統的建造物群保存地区に選定され、さらに持続可能な取り組みが評価されて、2021年、日本で初めてUNWTO (国連世界観光機関)から「ベスト・ツーリズム・ビレッジ」として選ばれました。古民家の一部は宿泊施設として利用されるほか、町では、ガイドによる歴史・文化の解説ばかりでなく、茅葺きを実体験することも。春は山菜、夏は鮎、秋はマツタケ、冬はイノシシと、四季折々の山村の滋味を味わう、そんな昔話のような世界を訪ねてみませんか?

巻頭特集③手仕事を体験できる宿へ【福岡県八女市】

手漉き和紙、灯篭、桶と、数多くのクラフト(工芸)を生み出してきた福岡県八女市。もともとは農作業の合間の副業としてはじまった和紙作りが織物や竹細工、藍染めなどに発展してきたそう。重要伝統的建造物群保存地区に指定された白壁の街並みで過ごし、多彩なクラフトから文化や暮らしにふれてみよう。

ひと目でわかる「農泊」エリア

暮らすような旅を楽しめる農山漁村が、全国に広がってきています。ここでは、全国の農泊地域から、約100か所を紹介。北海道から九州・沖縄まで、地域ごとの多彩な魅力を見比べることができ、新しい旅「農泊」にピンときた方にとっては永久保存版です!一棟貸の宿でおこもりステイしたり、その土地に伝わる料理を地元の方とつくったり…。気になる場所や過ごし方があったら要チェック!

書誌概要

【書名】JTBのMOOK『ニッポン感動田舎旅』
【定価】1320円(10%税込)
【発売日】2023年2月20日(月)
【仕様】AB判/128ページ
【電子書籍】あり (当社「旅する本棚」にて3月上旬発売開始予定) 
【発行】JTBパブリッシング
【販売】全国の書店、ネット書店

本書のご購入はこちらから

「JTB旅行券が当たるプレゼントキャンペーン」について

キャンペーン名 『ニッポン感動田舎旅』発売記念! 春の田舎旅を応援! プレゼントキャンペーン
賞品 JTB旅行券2万円分を10名様
実施期間 2023年2月17日(金)~2月28日(火)23時59分
実施メディア るるぶ公式ツイッター
参加条件 期間中、るるぶ公式ツイッターをフォロー&「#農泊したい」とコメント付きリツイート

「井上咲楽さんによるトークイベント」について

イベント名 『ニッポン感動田舎旅』発売記念! 井上咲楽さんおすすめ!「農泊」で日本の田舎を満喫する旅へ出よう!
日時 2023年2月27日(月)午後1時30分~2時(予定)
会場 代官山 蔦屋書店 3号館2階 SHARE LOUNGE(東京都渋谷区猿楽町17-5)
料金 無料(Zoomによるオンライン視聴も同時開催)
申込方法 代官山 蔦屋書店 イベント告知ページより

お問い合わせ先

JTBパブリッシング
広報・ブランド戦略チーム メール pr-team@rurubu.ne.jp